病気に負けない、病気にならない、元氣な身体づくり

 

【元気な体作りは、まずは、お通じから!】

人の腸の役割は、木の根っこの役割と同じ、そして、

人にとって食事は、木にとっての大地と同じです。

 

大木ができる条件は、「豊かな養分を含んだ大地」と

「しっかりと大地に根差した根っこ」が必要なように、

元氣な体作りの条件は、「適切な食事」と元氣によく働く

腸」が必要です。

 

元気な腸は養分をしっかりと体内に吸収し体にエネルギー

を送ります。そのためにバロメーターは【おトイレで気張らなく

ても「バナナ」のようなウンチがでますか?】です。

 

お通じは、毎日でるのが理想的ですが、2日に一度でも

よいのです。かたく無く、やわらかでもない「バナナ」の

ようなウンチがでますか?まずは、ここからスタートしましょう。

 

便秘になると、毒素を体内から排泄できなくなります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年をとることで、急激に便秘になる人が増えています

便秘薬を飲み続けると、腸がのびきってしまい腸の働きも

悪くなり便秘もひどくなって大腸がんになりかねません。

 

くすりの本多では、一時的な効果を発揮する薬では

なく、腸内環境から改善できる「植物エキス醗酵飲料」

をおすすめしています。

 

大便は実は食べ物のカスだけではなく、はがれ落ちた腸の

粘膜と腸内細菌です。腸内細菌の状態を見ることになります

 

×悪い大便は悪玉菌優位で、腐敗して悪臭、色はこげ茶~

黒っぽい固く太めで沈む便

◎良い大便は善玉菌優位で、あまり臭くなく色は明るい

 黄色、便の量も増えて多くやや細めで、水に浮く便

 

食生活の乱れやストレス~腸内腐敗~血液の汚れ

あらゆる病気の原因にもなりかねません。

 

*お客様からのうれしい報告がありました

玄米麹、無臭ニンニク、植物醗酵エキスを加え醗酵させた

顆粒タイプ健康食品に植物エキス醗酵飲料液を入れて

お湯割りにして、玄米甘酒風ドリンクを飲んでいただき

ました。美味しく飲みやすく、便の量も増えて、しっかり

したスッキリ便が出ましたと話していました。

 

元気が出て、便秘傾向も改善されたと喜んでおられました。

病気に負けない、病気にならない、妊娠しやすい元氣な身体づくり

冷え(血行不良)は万病の元  2014.01

血のめぐりが悪くなると、身体のすみずみまで酸素や栄養を

運べにくくなり、酵素の合成や分解も起きにくくなって、

新陳代謝が落ち、体に老廃物がたまっていきます。

 

 肩こり、頭痛、肥満、冷え、肌荒れ、睡眠トラブルなど体の不調が

現れます。

 

身体を内からと外からと温める事が大切です

  しっかり温める

  温灸、超短波、遠赤外線、湯船にしっかりつかる

  適度な運動

  筋肉を動かす事によって、血流が促進され体温の上昇に

  つながります。

  軽い運動、ウオーキングなど

  規則正しい食生活

  温かい食べ物(体を温める食べ物)

 

  ねぎ、しそ、しょうが、味噌、根菜類、ほうじ茶

さらに元氣な身体づくりのためには

 

体を冷やさないこと、冷え性は健康の大敵です!

ですから、体を温めることが大切です。体温を上昇させることで体内の酵素が活発に働き免疫力が飛躍的に向上します。

 

そのための対策として くすりの本多 がおススメする3つの方法をご紹介いたします

 

*超短波療法      

*温灸法

*漢方薬・サプリメント

 

   ↑

クリックしてください!

 

冷え性とはこんな症状

女性に多い冷え症、最近では男性にも多く見られるようになってきました。

一般的に冷え症は 

 ・手足が冷える 

 ・全身が冷える

 ・下半身が冷える 

 ・低体温 

 ・上半身がほてる(のぼせる) 

 ・手足がほてるというのも血行不良が原因となっています。

 

原因は?

そして、冷え(血行が悪くなる)の原因は?

 ・ストレス 

 ・タバコ 

 ・食事のバランス 

 ・服装 

 ・環境 

 ・筋肉量 

 ・ホルモンバランス

 

暑い時期、暑い地域で取れた食べ物は身体を冷やすはたらきがあります。

 

昔はエアコンがなかったため、食べ物で身体の熱をさましていました。

今は身体を冷やす食べ物の取れる時期に、エアコンでも冷やしています。白砂糖も身体を冷やします。

 

果物や甘いものは、出来るだけ活動前の午前中に取るように心がけましょう。

寝る前の冷たい物の摂取や、身体を冷やすことは厳禁です。

 

身体を温める食べ物冷やす食べ物

温めるもの

しょうが・にんにく・ごぼう・にんじん・ホット紅茶

 

食べ物で冷やすもの

コーヒー・アイスクリーム・牛乳・ビール・緑茶・炭酸・生野菜(トマト・キュウリ・なす・)豆腐(冷や)・甘い食べ物・乳製品・冷凍食品(油が多い)

 

 

 

冷え性にならないための注意・生活習慣等

腹巻を一日中することをおすすめします。

・仕事の環境(コンクリートの上での仕事・強い冷房・水を扱う仕事)に対応した、冷えを防ぐ服装にする。

・シャワーだけの入浴カラスの行水をやめて、汗が出るまで湯船にゆっくりつかる、(熱すぎない温度で、無理をしないように)

規則正しい生活リズム(食事・睡眠)にする。寝る直前に飲食はしない。

・女性は男性より筋肉量が少ないため、冷えやすくなります、人間の体温の4割以上は筋肉から作り出されています。筋肉トレーニングをすることで、基礎代謝が上がります、体温も上がります。

甲状腺機能低下の方は冷えます。

 

普段の生活の中で、にも気をつけて「冷えないための工夫」をしましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

睡眠薬ではなく 自然のもので

脳や筋肉の栄養になり、 皆さんに大変

喜ばれています。

 

「ぐっすり眠れて スッキリ起きれていますか」

人は 眠っている間に脳と身体を休めて一日の疲れを取り

そして 次の日に活動するための準備を行います。

*質の悪い眠りは

   ・起きた時に 頭がボーっとする

   ・疲れが取れていない

   ・寝たはずなのに 昼間眠くてたまらない

   ・身体がシャキットしない

このような お悩みをお持ちではありませんか

こんな 状態が続くと 不眠、うつ状態、疲労を

ひきおこします。

 

脳の栄養補給で 自然な眠り、質の良い眠りをとりましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

健康のこと、精神的なこと

なんでもご相談ください。

 

おまかせ下さい

「体調は悪くないのに何となく・・・」

「人に会うのが億劫になった」もしかすると、

癒しの神経伝達物質、セロトニンが不足

しあわせホルモンが不足

しているかも知れません。  

 

当てはまる方、ご相談ください。

○朝、起きても何もやる気が出ない。

○外に出たくない

○食事の趣向が変わってきた

○寝つきが悪い

○睡眠時間が長くても、疲れている

○朝の目覚めが悪い

 

不安や心配ごとがある方、

夜なかなか眠れない方、不眠、

気分が落ち込みやすい方。

原因は分からないけどツライ・・・

そんなお悩みを解決も、くすりの本多の

得意分野です。

 

毎日を辛いまま過ごす必要はありません。

あなたはきっと良くなり、もっと健やかで

幸せな毎日を送れます。

 

 

お気軽にご相談ください。

お知らせ

じっくり相談希望の方、来店のご予約お願いします。

 

 

 

 

商品発送承ります!

 

☎0776-36-0082

 

くすりの本多

 

福井県福井市西木田1-20-27

 地図は こちら から

 

2013年1月22日 

アトピー等の闘病報告のページ開設いたしました。

 

2012年10月24日 

ホームページ開設いたしました。